たぬきときつね🦊🍂

2019/08/31

やっと晴れてくれましたね☀️

待ちに待った晴れ間に子供達も嬉しそうにしていました😊

9月の壁面制作では大きいさんは狐を、小さいさんは狸を作りました。

大きいさんはまず黄色の折り紙をビリビリ破き、小さくしていきました。小さく小さくしていく子、次の工程が気になり大きいまま「できた」っという子、色々な子がいましたよ😆

でも、よく分かる大きいさん、大きいままだと貼れない事が分かるともう一度破き、小さくしていました。

次は小さくした折り紙をトイレットペーパーの芯にのりで貼っていきました。のりを塗ってペタ、塗ってペタを繰り返しトイレットペーパーの芯を黄色くしました。

1の指で塗ろうねと言う先生ですが、今日は平面ではなく丸い物に貼っていったので、のりが付いてない所は貼れずに浮いているので何度ものり付けを頑張りました🥰

 

 

次にキツネの顔に目を描いていきました。「目は何個あるかな❓」と先生に書かれ、「2こー」と言いながら目を描いていきました。「口はここ」っと言って口も描いた子もいますよ💛

最後に手と足と顔としっぽを貼りました。自分で位置を決めて一つ一つ貼っていきましたよ。「足はここ」と言ったり、「反対」と言ってやり直す子など、自分の思うキツネを作っていました。

このパーツも丸みがあり剥がれやすいので先生に「ギューっと押さえてね」と言われると、ギューっと押さえながら貼ってくれました😊

顔や全てのパーツの位置もみんな違うので個性豊かなとてもかわいいキツネが完成しました💕

完成するとクルーっと回しながら360度眺めて完成したキツネを嬉しそうに見ていました🦊

小さいさんは狸製作をしました。狸のお顔は白目と黒目と口のシールを貼って作りました☺️色画用紙を貼り付けたトイレットペーパーの芯に、狸のお顔と手足と尻尾を両面テープで貼りつけました。1人1人の発達に合わせて見守ったり補助をしながら、楽しく製作ができました。

小さいさんの中でも月齢が高い子どもたちは、指先を上手に使えるようになってきて、製作が大好きです。先生たちが製作の準備を始めると「なぁに?😳」とワクワクしながら集まって来てくれました❤︎

椅子に座って格好良く先生のお話を聞いてくれます。

お手本を見ながら、両手を上手に使ってシールを台紙から剥がして、ぺたり!Tちゃんはシールが得意なので嬉しそうに貼っていました。H君は「ここ?ここ?」と何度も先生に確認してから貼る慎重さをみせていました✨K君は「手〜」「足〜」とお喋りしながら楽しみました。

月齢の低い子どもたちも楽しそうな雰囲気に気付いて近づいて机を覗き込んでいました☺️シールを指先に付けてあげると(あれ?とれないわ😲)と不思議そうに手を触るSちゃん。M君はトイレットペーパーの芯を興味深々で触ったり穴をのぞいたり、ギュッと握ってみたり。途中で泣くお友達もおらず、みんなよくがんばりました🌟

最後に公園で拾った葉っぱをボンドで頭に貼り付けて完成❣️

とてもかわいい狸さんができたね😍また月曜日狸さんと狐さんに会いに元気で登園して来てね♡